HOME > 重ね煮レシピ

重ね煮レシピ

管理人愛用の重ね煮本『梅崎和子の陰陽 重ね煮クッキング』.から、私の好きな料理のレシピの紹介です

重ね煮「三種きんぴら」 / キャベツと春菊のごまじょうゆ和え / 重ね煮で作る「お味噌汁」 / 春〜夏野菜の重ね方 / 秋〜冬野菜の重ね方 /

重ね煮「三種きんぴら」

三種キンピラの重ね煮図

 

その他の材料

太白ごま油・・・大さじ1〜2
水・・・1/3カップ
しょうゆ・・・大さじ3〜4
すりゴマ(白)・・・大さじ1弱
(お好みで みりん・・・大さじ2)

重ね煮「三種きんぴら」の作り方

1.油を熱し、ごぼうをさっと炒める。いったん鍋のわきに寄せて図のように重ね、
  水を加え、ふたをして中火で煮る。(しめじの代わりに、ひじき10gでもOK)

2.湯気が上がってきたら弱火にして六分どおり煮て、しょうゆ(お好みでみりんも)を
  2回に分けて加えて、味をととのえる。

3.汁気がなくなってきたらゴマを加えて混ぜ、強火で一気に炒り上げる。


管理人のコメント

ごま油は太白ごま油でなくても大丈夫です。私は普通のごま油で作ってました。

あと、重ね煮に使うふたは、ピッタリしまるものにしましょう。私はこの保温調理鍋を使ってます。ガラスの蓋なので、中身が見えていいですよ〜。

「重ね煮は皮をむかない」というのがルールなので、にんじんもレンコンも皮をむかずに使いますが、ゴボウはむきます!(私は) ごぼうはタワシでこすって皮をむいてます。水にはさらしません。

重ね煮本.によりますと、「レシピは素材の陰陽の配分を計算して出したものですので、量などはきちんと守りましょう」とのことですが、私は勝手にこんにゃくを足したりして作っていました。(おいしいですよ)

こんにゃくを加える場合は、1番下です。しめじの下ね。糸こんにゃくを塩ゆでしてから入れます。

そういえば、私はシメジじゃなくてエノキを使ってます。そして、きのこの代わりにではなく、普通にひじきも足したりもしてます。「陰性のものが多くなって、陰陽のバランスが崩れちゃうかな〜?」と思ったら、ごぼうやれんこんの分量を増やしたりもしてます。分量が増えるので、当然、調味料の量も増えますね。適当に増やしてます。

私はそれほど陰陽に詳しいわけでもないし、かなり適当にやってますが、おいしくできてます。あなたも気軽に始めてみてくださいね。テキトー重ね煮でも、普通に作るよりおいしくできますよ♪

キャベツと春菊のごまじょうゆ和え

キャベツと春菊のごまじょうゆ和えの重ね煮図

 

その他の材料

黒ゴマ・・・大さじ2強
しょうゆ・・・大さじ1.5

重ね煮「キャベツと春菊のごまじょうゆ和え」の作り方

1.鍋に図のように食材を重ね、かくし塩と1/3カップのさそい水を加え、
  ふたをして強火にかける。(春菊のかわりにセリでもOK)

2.湯気が上がって香りがしてきたら混ぜ合わせ、火から下ろして鍋ごと冷ます。

3.ごまはいってすり鉢に炒れ、油が出るまでよくすりつぶす。
  しょうゆを加えてさらによくすり混ぜ、ごまじょうゆをつくる。

4.いただく直前に2.を3.で和える。


管理人のコメント

和え物は、重ね煮を手軽に楽しめるのでおすすめです。

このレシピは春菊の部分をいろいろな野菜に変えて応用できます!試してみてね♪

重ね煮で作る「お味噌汁」

三種キンピラの重ね煮図

 

その他の材料

青ネギ・・・1本
水(だし)・・・4カップ


里芋は、皮をむいてから乱切り

こんにゃくは、塩茹でしてから色紙切りです。

重ね煮「お味噌汁」の作り方

1.鍋に図のように材料を重ね、水(だし)2カップを加え、ふたをして中火にかける。
  水(だし)は重ねた野菜の七分目程度。(重ねた野菜がくずれない量)
  みそも野菜と同じように等間隔に置く。

2.煮立ってよい香りがしてきたら弱火にし、野菜が柔らかくなるまで煮る。

3.残りの水(だし)を加え、かき混ぜて味をととのえる。青ネギを加えてひと煮立ちさ
  せる。


管理人のコメント

お味噌汁は、野菜をいっぱい重ねるので、「これぞ重ね煮!」って感じがします。

私はレシピにこだわらず、家にある野菜をがんがん入れて重ね煮味噌汁を作ってます。おうちにある野菜を重ねる場合は、次の図を参考にしてくださいね。

春〜夏野菜の重ね方

春〜夏野菜の重ね煮

秋〜冬野菜の重ね方

秋〜冬野菜の重ね煮

重ね煮料理法のトップページへ